和田眼科

兵庫県西宮市の和田眼科では白内障手術に力を入れております。今津医療センター2階の眼科。西宮今津駅前すぐ。

  • 〒663-8245西宮市津門呉羽町1-28今津医療センター2階
  • TEL:0798-39-3777

シンフォニーSymphony 多焦点眼内レンズ

シンフォニーSymphony 多焦点眼内レンズ

兵庫県西宮市の和田眼科ではAMO社(エイエムオー・ジャパン)(ジョンソン・エンド・ジョンソン)の最新の多焦点眼内レンズシンフォニーSymphony を新しく「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」として採用しました。和田眼科は先進医療認定施設として認可されております。民間の保険会社での先進医療対応にてさまざまな白内障治療が対応可能です。単焦点眼内レンズの場合の欠点でもある非常に強い老眼老視を軽減しうる多焦点眼内レンズ(遠近両用眼内レンズ)として先進医療保険に加入している方の白内障手術の多焦点眼内レンズ適応の参考としてください。

テクニス シンフォニー オプティブルーは遠方から近方にかけて、視力の落ち込みが無い自然で鮮明な見え方を提供します。

テクニスシンフォニーオプティブルーはエシェレット回折デザインとアクロマティックテクノロジーという新しい技術を搭載した焦点深度拡張型の眼内レンズです。

コントラスト感度の強い低下やハロ−・グレアをなるべく抑制できるよう工夫されています。

構造は後面が回折機構、前面が非球面となっているアクリルレンズで、瞳孔の大きさで見え方が左右されにくくなっています。光の乱反射により眩しく見えないようにエッジデザインされたワンピースタイプの多焦点眼内レンズとなっています。

近く用のレンズの加入度数は(遠方レンズとの差)+1.5Dで、通常の読書距離、30〜50cmはカバーできません。

遠くの見え方を若干落とすか、両眼の屈折に差をつける「モノビジョン」を行えばある程度近くの見え方もカバーすることができます。

メガネは必要に応じてかけてもよいが、なるべくはっきり見たいという方に適したレンズです。

手元の見え方は弱いですが、中間距離の見え方は比較的に良好です。

テクニス シンフォニー オプティブルーは遠方から中間・近方にかけて、視力の落ち込みが少ない自然で鮮明な見え方を提供できる可能性があります。

今までの多焦点眼内レンズの欠点であった、明視域/コントラスト感度/グレア/ハロー乱視眼への許容性などをより良く改善したものがテクニス シンフォニー です

乱視は眼球の角膜や水晶体のひずみのため、網膜1点に綺麗に結像しない状態です。

乱視は多焦点眼内レンズにおいて見え方を落とす一因となります。シンフォニーにおいても乱視は重要な要素ですが、比較的乱視許容性を持つ多焦点眼内レンズといわれています。

単焦点眼内レンズと比べて中近距離での落ち込みは少なく、焦点深度を拡張する為に、自然な見え方を求めている方で、必要に応じての眼鏡装用を前提とする場合は良い選択肢の一つとなります。

amo chart1
amo chart2
bottom_sp