兵庫県西宮市・阪急阪神今津駅から徒歩1分

和田眼科 TEL: 0798-39-3777
メニュー
  • 白内障検査・無料説明会ご予約フォーム
  • 白内障相談室

和田眼科

兵庫県西宮市の和田眼科では白内障手術に力を入れております。今津医療センター2階の眼科。西宮今津駅前すぐ。

  • 〒663-8245西宮市津門呉羽町1-28今津医療センター2階
  • TEL:0798-39-3777

「和田眼科での眼科診療内容」眼科手術4000件インタビュー

眼科手術4000件インタビュー【2】
「和田眼科での眼科診療内容」

白内障・多焦点眼内レンズ(先進医療認定)
ドライアイ・緑内障・日帰り手術・糖尿病性網膜症
についての内容をご覧ください。

眼の役割について簡単に教えてください。

人間の身体の機能はすべてが不可欠なものですが、なかでも人間が得られる情報量の8割は眼から入ってくると言われています。眼を患うことは患者さんご本人だけでなくそのご家族にとっても大きな負担となりますし、精神的にも日常生活に大きなハンデとなってしまいます。眼に関する病気は現在治療法が非常に進歩しており、きちんと治療を続ければ視力低下の予防や改善が期待できるようになりました。一人で不安を抱え込まず、おかしいなと感じたら眼科専門医にご相談下さい。

白内障とはどういう病気ですか?また、どういう治療法がありますか?

高齢化社会が進む中、加齢が主たる原因の白内障を患う人が増えています。白内障は目の水晶体が白く濁ってくる病気で、進行するにつれて目がかすむ、光がまぶしく感じるなどの症状が現れます。個人差はありますが早い人で40代から始まる場合もあり、早めの検査と正確な診断が大切です。 和田眼科では特に白内障手術に力を入れています。濁った水晶体を取り出し、単焦点または多焦点の眼内レンズを用いた再建術による低侵襲の日帰り手術が中心です。保険適用の単焦点眼内レンズの需要が多いですが、日進月歩の進化を遂げる多焦点眼内レンズを希望される患者さんも増えてきています。

多焦点眼内レンズの特徴を簡単に教えてください。

多焦点眼内レンズは遠くの方だけでなく近くもはっきり見えて、裸眼視力の向上によって老眼鏡から解放されるなど多くの利点があります。最近では乱視矯正眼内レンズも普及していますし、遠見と近見以外に中間距離にも焦点を持つ3焦点型の多焦点眼内レンズも登場するなど、患者さんの選択肢が広がっています。ただし、他の眼科疾患がある場合は多焦点レンズを選択できないことがあります。

和田眼科では、電子カルテや画像ファイリングなど最新鋭のコンピューター技術を駆使して情報をデジタル化し、患者さんの個々の症状に即したより分かりやすい最適のオーダーメード治療を心がけています。

先進医療施設で白内障手術を受けるメリットは何ですか?
また白内障手術のタイミングについて教えてください。

和田眼科は厚生労働省から先進医療認定を受けている兵庫県内でも数少ない眼科施設です。そのため、通常なら保険適用外の多焦点眼内レンズを用いた白内障手術でも、手術前手術後の診察に健康保険が適応できるなど、先進医療実施機関ならではの様々なメリットがあります。

また和田眼科では最新鋭の超音波白内障手術機器を導入して、より安全で確実な手術を行うことで、患者さんのQOL(生活の質)を落とさない早期の社会復帰を可能にしています。 白内障の手術は麻酔を行うため痛みは殆どありません。通常手術も短時間で終わります。白内障の手術は視力の低下をきたして日常生活に不自由を感じる場合に行いますが、放置しすぎても様々なトラブルのもとになることがあります。白内障専門外来や無料説明会も行っていますので、治療のタイミングについての質問などはいつでも気軽にご相談いただければと思います。

40歳以上の中高年の20人に1人が患う緑内障とはどういう病気ですか?

緑内障は眼球の圧力で視神経が傷つき、眼で見た情報がうまく脳に伝わらないため画像を正しく認識できなくなり、視野や視力に障害が起こる病気です。

緑内障は気づかないうちに病気が進行していることが多く、視野も少しずつ狭くなっていくため、かなり進行しないと自覚症状がありません。そのため治療を受けている人は、緑内障に罹っている人のわずか1割程度にすぎず、大きな問題となっています。

緑内障になると、失われた視野を取り戻すことはできません。治療は点眼薬で眼圧を下げて眼圧をコントロールし神経の負荷を軽減します。症状によっては複数の点眼薬を併せて治療することもあります。

現在種々の緑内障点眼薬が開発され、失明にいたる方は非常に少なくなっています。しかし、点眼薬で眼圧のコントロールが不能な場合は、レーザー手術や外科的手術を行います。ただ、手術をしたからといって視野がもとに戻るわけではなく、あくまで緑内障を進行させないための手術です。たまたま眼が疲れたといって来院された患者さんが、検査してみると緑内障が見つかる場合もあります。このように自覚症状がなくても、眼の検査を定期的に受けることをお勧めします。

和田眼科では地域の基幹病院との「病診連携」を積極的に推進して、患者さん一人ひとりに合わせた最善の眼科医療と高水準なサービスの提供に尽力しています。

現代病“ドライアイ”の治療について解説をお願いします。

情報化社会の発達により、パソコンやスマホの普及で常時画像を見つめることが日常化する中で、目を酷使してドライアイを訴える人が急増しています。ドライアイは、目を守るのに欠かせない涙の量の不足や、涙の質のバランスが崩れて目に均等に行きわたらないことで、目の表面に傷が生じる病気です。つまりドライアイは「なみだの病気」ともいえます。

ドライアイの症状は目の乾燥感だけでなく、違和感、不快感、充血、目の痛みや重み、目の疲れなど様々です。ドライアイは、患者さんがどのような生活習慣を持っているかによっても影響を受けやすく、パソコンやスマートフォン、エアコン、コンタクトレンズの使用状況を改善することによって、ドライアイの症状を和らげることができます。

日常的な改善策として次の3点があります。

  1. パソコンを長時間使用する場合はこまめに休憩をとり、意識的に瞬きをするよう心がける。ディスプレイはなるべく目線よりも低い場所に設置すること。
  2. エアコンを使用する場合は、座る位置などを調節して、直接エアコンからの風に当たらないようにすること。またエアコンが効いている室内は乾燥しやすいので、加湿を心がけること。
  3. コンタクトレンズの正しい使用法を守ること。コンタクトレンズを装用している時でも使用できる目薬や、加湿器、保湿用メガネを用いることで涙の不足を補う。
 

最近ではいろいろな治療薬、改善方法が進んでおり、その一つとして近年開発されたドライアイに有効な点眼薬などがあります。その上で補助的にサプリメントを利用することが有効な場合があります。通常、点眼や生活指導を基本に治療を行っていますが、それでも改善がはかばかしくない場合は、涙点(涙の流出口)にプラグ(栓)を差し込んで、涙を眼の表面に溜めてドライアイを軽減する『涙点プラグ』の施術を行います。

眼の病気と関わりの深い病気はどのようなものがありますか?

眼疾患と関わりの深い病気としてまず挙げられるのが糖尿病です。糖尿病は血液中に含まれる血糖値が高くなる病気で、その結果として、眼や腎臓、神経など様々な場所に悪影響を及ぼします。

糖尿病は合併症の病気といわれますが、眼疾患では「糖尿病網膜症」、「糖尿病白内障」、「糖尿病緑内障」が代表的です。なかでも糖尿病網膜症は、糖尿病腎症、糖尿病神経症とならぶ糖尿病の3大合併症の一つで、日本では成人の失明原因の第1位となっています。

眼に自覚症状が出る時には糖尿病はかなり悪化しています。眼に病状が出るまでには、発病してから5年から6年はかかりますから、自覚症状が出る前に糖尿病の治療を行うことが大切です。

何の症状も表れないからといってそのままにしておくと、眼底で出血が起こり、その血液が硝子体に入って突然眼の前に虫などが飛んでいる様に見える飛蚊症の症状を生じます。出血の量や部位によっては視力が著しく低下し、場合によっては手術が必要となります。

その際行う硝子体手術は、眼の奥の網膜や硝子体に生じる病気に対して行われる、眼科分野でも難しい手術の1つです。和田眼科では、網膜硝子体を専門とする手術に卓越した技術を持つ複数の専門医と密に連携を取りながら対応しています。疾患の状態によっては、局所麻酔で日帰りの硝子体手術が可能です。

日帰り手術のメリットについて教えてください。

日帰り手術は普段どおりの日常生活を中断することなく、その延長線上で手術を受けることができます。仕事が忙しく長期の休暇が取りにくい方、入院に馴染めないお年寄りの方、小さなお子さんの世話やお年寄りの介護で長期間家を空けることのできない方などからとても喜ばれています。入院費がないことで経済的負担も軽くなるなど多くのメリットがあります。和田眼科では多くの眼科手術を日帰り手術に特化し、患者さんの経済的、身体的負担を軽減することで地域社会に貢献しています。

さらに、和田眼科では安全な日帰り手術システムの確立と普及を目的として「日帰り手術センター」を開設するなど、より合理化された質の高い手術システムを確立しています。

最後に患者さんへのメッセージをお願いします。

私は奈良県立医科大学卒業後、同大学付属病院眼科医局や手術を多数行う眼科外科医のもとで腕を磨き、和田眼科開業後は眼精疲労や視力低下など様々な目の症状で悩む人々がいつまでも快適に日常生活を過ごせるよう、地域に密着して診療に邁進してきました。

眼科診療のプロフェッショナルとして、患者さんに『よく見える様になりました』と喜んでもらえれば、こんなに嬉しいことはありません。患者さんの喜びを我が喜びと為すのが信条です。

今日、社会はますます高度化、複雑化、多様化し、高齢化は加速度的に進行しています。こうした社会構造を反映して、眼疾患においてもさまざまな疾病、疾患が増大しています。ストレス性の疾患や糖尿病の合併症も増加する一方です。

来院するすべての患者さんに満足いただけるように、一人ひとりに合わせた高水準、アットホームな眼科医療を行っています。ただ病気を治すだけでなく、心から患者さんに満足してもらえるかどうかが大事です。 想いを共有するスタッフとともに、これまで取り組んできた『心をこめたチーム医療』をさらに高めていきます。お困りのことがありましたら、何でも気軽にご相談ください。

和田院長

和田佳一郎

和田眼科 院長

奈良県立医科大学卒業。奈良県立医科大学眼科医局に入局。多数の白内障手術・網膜硝子体手術の名医・達人の手術・手技に、感銘と影響を受け、2018年現在までに和田眼科で白内障・多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術(先進医療認定)・眼瞼下垂手術・網膜硝子体手術など4000件以上の眼科手術を執刀。産経新聞社主催の白内障セミナーなど実施。眼科専門医。