和田眼科

兵庫県西宮市の和田眼科では白内障手術に力を入れております。今津医療センター2階の眼科。西宮今津駅前すぐ。

  • 〒663-8245西宮市津門呉羽町1-28今津医療センター2階
  • TEL:0798-39-3777

白内障治療用眼内レンズ

白内障治療用眼内レンズ

眼内レンズは除去された水晶体の屈折力を補うために眼内に挿入される人工のレンズです。

眼内レンズの寿命

通常の場合、眼内レンズは生涯にわたって使用できます。二度と白内障になることはありません。大きく分けると単焦点レンズと多焦点レンズがあります。

単焦点レンズ

通常は健康保険が適用(1割で1万5千円程度、3割の人で約4万5千円)される単焦点レンズが多いようです。このレンズは遠近いずれか一つの焦点になります。それ以外の距離には焦点があいませんので眼鏡が必要になります。また、乱視や老眼も原則治りません。はっきり見えるようにするには眼鏡が必要です。

多焦点レンズ

多焦点レンズは、2つの焦点に合わせることができます。基本的に健康保険適用ではなく自費(片目約34万円)になります。遠くも手元もピントが合いやすくなります。便利ですが、すべての距離がはっきり見えるわけではありません。2つの焦点の中間の距離は多少見えにくくなります。単焦点レンズと比べるとコントラスト感度の低下やグレア(まぶしさ)、ハロー(光のにじみ)などが出やすいこともあります。乱視の強い人や夜間に車の運転を職業とする人などには適していません。

多焦点眼内レンズと先進医療認定

当院の多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は先進医療認定を受けています。多焦点眼内レンズの手術費用は自費になりますが、その後の診察、検査、薬は保険適用にすることができます。また、民間の生命保険会社の「先進医療特約」の対象にもなり先進医療に係る費用が全額給付されることもあります。

多焦点眼内レンズ比較表
bottom_sp