和田眼科

兵庫県西宮市の和田眼科では白内障手術に力を入れております。今津医療センター2階の眼科。西宮今津駅前すぐ。

  • 〒663-8245西宮市津門呉羽町1-28今津医療センター2階
  • TEL:0798-39-3777

白内障による視力低下と自覚症状

白内障と視力低下

水晶体はおもにたんぱく質と水でできています。加齢や紫外線の影響を受けることでたんぱく質が白くにごり、それによって視力の低下が引きおこされます。

白内障は目のレンズの役割をしている水晶体を構成するタンパク質が変成して濁ったり、固くなる(硬化)病気で、濁りにより視覚が低下します。この変成は目玉焼きやゆで卵のように透明な白身(卵白)が白く固まる現象と似ており蛋白の変成と同じで、もとに戻ることはありません。

原因は加齢や紫外線、糖尿病、ステロイド剤の長期使用、外傷・炎症などさまざまです。

特に年齢では60歳以上の人は70%の人が白内障を発症するほどよくある目の病気です。

世界保健機関(WHO)の調べ白内障の失明は51%と世界全体では第1位でした。(平成22年)

日本では、2年は第3位(12%)、19年では第8位(3・2%)と失明率ランキングが下がっています。

日本では眼科治療技術の進歩や日帰り手術の普及が要因の一つです。

また進行しきる前の早期に眼科受診する人が増えていると考えられます。

しかし、白内障は治療せず、放置していると最終的には失明に至る可能性がある病気です。

白内障と自覚症状

白内障の症状
  1. ぼやける
  2. 明るいところでまぶしく感じる
  3. 二重、三重に見える
  4. 暗くなると見えにくい
  5. 色がくすんで鮮やかでない
  6. 視力が落ちた感じがする
  7. 焦点が合いにくい

このいずれか一つでも感じれば白内障かもしれません。早期に眼科で検査してください。

白内障とQOL(白内障のデメリットと治療のメリット)

白内障により、水晶体が混濁すると、視界の質(QOV quality of vision)が低下していきます。これにより、生活の質(QOL  quality of life ) も低下していきます。

白内障と日常の生活は密接に関わっております。
進行により混濁が進むと、視機能が低下により

  1. 見えにくさによる生活上の不便
  2. 転倒やけがのおそれ
  3. 情報量低下によりうつ、痴呆などが進行しやすくなる可能性

などのデメリットが生じます。

情報の80%は目から入ってきます。白内障での「見えづらさ」は、QOLに直結します。日常生活に深くかかわりのあるQOVをよくすることが大切です。

bottom_sp