兵庫県西宮市・阪急阪神今津駅から徒歩1分

和田眼科 TEL: 0798-39-3777
メニュー

和田眼科

兵庫県西宮市の和田眼科では白内障手術に力を入れております。今津医療センター2階の眼科。西宮今津駅前すぐ。

  • 〒663-8245西宮市津門呉羽町1-28今津医療センター2階
  • TEL:0798-39-3777

白内障

白内障について

白内障とは?

白内障とは、徐々に水晶体(レンズ)が濁ってくる眼の病気です。加齢性のものでは50歳頃から症状が出始めます。
白内障は加齢による変化だけでなく、先天的なもの、外傷によるもの、アトピー、糖尿病など代謝性の病気、薬剤や放射線によるものなど老化以外の原因で白内障になることもりあります。ブドウ膜炎などの炎症の後や硝子体手術後に続発性の白内障がおこる場合もあります。
体は丈夫で衰えを感じない人でも、見えづらく感じたり、眩しさを強く感じ始めたら白内障を疑ってみたほうが良いかもしれません。
もともとは水晶体は透明で透き通っているのですが、水晶体(レンズ)が混濁していくため、光がうまく眼底(網膜)に届きにくくなるためにいろいろな症状があらわれます。

正常な状態では水晶体は透明で鮮明に見えます。

白内障の目は水晶体が濁っている為、くもって見えます。

白内障の代表的症状
  • 視界の全体的なぼんやりとしたかすみ(霧視ー霧がかかったように見える)
  • 視力の低下
  • 羞明(光のまぶしさー対向車のライトがまぶしいなど)
  • 複視(ぼやけて2重3重に見える)
  • 眼鏡の度数が変化しやすくなり、眼鏡をかけても見えづらくなる
  • 色のコントラストが低下し、微妙な色合いが分かりづらくなる
  • 目が疲れやすくなる

症状には個人差があり、進行具合や濁り方によっても変わります。特に加齢による白内障は、徐々に変化を起こすため、自覚症状に乏しい場合も多いです。60歳以上の70パーセントの方に白内障があるといわれており、歳とともに誰でもなる病気と言えます。

白内障の原因・白内障の予防

水晶体内のタンパク質が変性していくのが原因といわれています。その一因に紫外線の関連も指摘されています。日中の日差しの強いときには、紫外線対策のグラスをかけると良いでしょう。また加齢による変化に対抗するため、偏食は避け、新鮮な野菜・果物などをバランスよくとるようにしましょう。

白内障の検査

白内障検査は通常よく行われている一般的眼科検査の中で行えます。

矯正視力検査

まずは眼鏡で矯正してどこまで最高視力がでるかを確かめます。

細隙灯顕微鏡検査

暗室にて目にスリット状の光の束を当てて顕微鏡で拡大しながら詳細に水晶体の状態を観察します。

眼底検査

目の奥にある網膜に異常がないか調べます。また白内障進行に伴った水晶体混濁による透光性低下の程度も分かります。

散瞳検査

瞳孔(瞳)を点眼薬によって拡大し、より詳細に水晶体の混濁を観察しま す。4〜5時間程度見えづらくなります。

白内障の治療

白内障に対する点眼薬にて、白内障の進行を予防するとされています。しかし白内障が進行してしまうと、手術加療以外に治療方法はありません。白内障がある程度進行すると、良い治療時を逃さないためにも定期的な眼科受診をおすすめします。治療は日帰り手術が増加しており、局所麻酔科で行います。通常10分から15分程度で終わります。水晶体の濁りを超音波乳化吸引装置で吸引し、代わりの人工眼内レンズを挿入します。近年では乱視矯正眼内レンズ(保険適応)、多焦点眼内レンズ(自費)などの出現により治療の質の向上にもつながっています

白内障手術を受けた患者様の声
  • よく見えるようになって明るくなった。(78歳女性)
  • 家のホコリが見えすぎて、掃除をよくするようになった。(68歳女性)
  • 運転免許が無事更新できて嬉しかった。(72歳男性)
  • ガスの炎が青く綺麗に見えて驚いた。(57歳女性)
  • 夜空の星が美しく見えて感動した。(64歳男性)
  • 青空や白い雲がとてもきれいに見えた。(66歳男性)   ……等

白内障は手術で治ります。良く見える眼を取り戻すことができるのです。

白内障手術
当院での白内障手術

加齢性白内障

白内障の手術で人工の眼内レンズ(レンズ)を選ぶときに悩むことがあります。そのとき、自分のライフスタイルなどを考えて、レンズを選択することです。遠く重視か、近く重視か、それとも両方、若いときのような「見え方」にはなりませんが、自分の望みを医師に伝えることが大切です。白内障の手術と眼内レンズについて紹介します。

白内障の手術を勧められました。手術は怖いですが、どのような手術でしょうか。
一般的には、まず、局所麻酔をしてから、角膜または強膜の淵を小さく(約2mm程度)切開し、嚢という袋の中の濁った水晶体を超音波で砕いて吸い出します(水晶体超音波乳化吸引という)。残った水晶体の袋の中に直径約6mmの人工のレンズを折りたたみ挿入します。折りたたんだレンズは、嚢の中で直後に元通りになります。この治療は国内では年間100万件以上行われ、多くの医療機関では手術時間だけに限ると約10分となっています。痛みや負担が少なく、日帰り手術が主流になっています。

ただ、手術時間が短く安全性が高いといっても簡単な手術と思わないでください。主治医と相談して自分の要望に適したレンズを選び、「見え方」の満足度を高めることが一番大切です。

より良い結果を得るために、過去に目の病気や手術歴がある方は必ず申告しましょう

目に入れるレンズは何を選べば良いでしょうか。
現在主流で9割以上が、遠く・近くなどのどこか一点に焦点を合わせる単焦点レンズです。このレンズのメリットは、いずれか一点に焦点を合わせるので、わかりやすい明瞭な見え方が得られます。ただ調節力は無いために、老眼状態になります。遠近両用や老眼の眼鏡がもともと日常使用となっている場合、「必要に応じうまく眼鏡を使う生活スタイル」の方に適したレンズといえるでしょう。

デメリットは、遠くか近くに)ピントを合わせ、ピントの合いやすい場所は一つですので、基本的には、見えにくい所があり、眼鏡での対応が前提となることです。手元に焦点を合わせた人は遠用眼鏡が必要ですし、遠くが見えるようにした人は近用眼鏡(老眼鏡)が必要です。

この手術は健康保険の適用です。一般的に費用は、3割負担の人で4万5千円程度と思ってください。

次は多焦点レンズです。遠くと手元の両方に焦点が合うレンズです。この場合は中間距離が少し見えづらくなります。その点を改良し、焦点の幅が広がった「焦点深度拡張型眼内レンズ」も開発されています。中間距離を重視したレンズです。

多焦点レンズの手術費用は、全額自己負担ですが、先進医療の対象になっています。生命保険会社の特約に加入していれば、治療費の全額、もしくは一部が給付されることがあります。手術前に加入する保険会社に確認してください。

日本では先進医療ではありませんが三重焦点レンズも開発されるなどレンズの選択肢は増えています。

手術を考えている人はライフスタイルや趣味、行動・活動(アクティビィティ)などを主治医とよく相談することです。自分に合ったレンズで、より良い視界を取戻して「QOL(生活の質)」を高めてください。

注釈:中間距離 遠方(5m)と近方手元 (約30-50a)の中間の距離。日常特に室内でよく使う。
白内障を放置していると他の目の病気にもなりやすいのでしょうか。
放置していると、「急性緑内障発作」や「水晶体融解性ブドウ膜炎」などのリスクが増えます。白内障が進行すると水晶体が膨れたり、水晶体膨潤により隅角=図=が狭まり、房水の流れが悪くなって眼圧が高くなっていきます。もともと隅角の狭い「狭隅角緑内障タイプ」の人は白内障が進行すると、ますます眼圧が上昇して狭隅角が進み急性緑内障発作を起こしやすくなります。

緑内障発作はある日、突然、急激な眼圧上昇で強い頭痛に襲われたり、嘔吐などが見られます。そのリスクを回避するには、見えづらさや眩しさなどの自覚がわずかでもあれば早い目に受診してください。白内障が進行していれば、手術です。濁ったり膨らんだ水晶体を取り除き、透明な人工の眼内レンズに置き換えます。術後は薄いレンズで房水の流れもよくなり、狭隅角が改善されますので眼圧も下がっていきます。

次は水晶体融解性ブドウ膜炎です。白内障を放置しすぎると、水晶体が融解して強い炎症を起こすことがまれにあります。症状はある日突然、炎症を起こしますので、ぼやける、霧視(むし、霧のように見える)があります。また、激しい痛みや充血を伴い、時間が経つほど悪化しますので緊急手術が必要です。

極度に進行した白内障は検査や手術も難しくなります。濁りが強く進んだり、硬化・融解が進んだ水晶体では他に目の病気があっても見つけづらくなって、治療が遅れることもあります。白内障は進行すると他の病気と関連していきます。症状がある人は放置せずにに定期的に医療機関を受診し、主治医に相談して手術のタイミングを決めることです。
目がかすんでいますし、明るいところでまぶしく感じて、眼科に行くと白内障といわれました。どうすればよいでしょうか。
白内障はゆっくりと進行していきます。白内障は目薬や紫外線対策などである程度の進行を抑制することはできますが、現状では薬で治すことはできません。白内障は進行すると、水晶体の濁りが進みます。霧視といって、霧がかかったように見えづらくなったり、暗いところで見えづらくなったり、薄い色が分かりづらい(コントラストが落ちた)見え方になります。また乱反射により光がまぶしく感じたりします。視界の質が落ちると、QOL(生活の質)が著しく悪化していきます。見え方に支障があったり、異常を感じたら早いうちの診療と治療をお勧めします。治療の安全性は高く国内でも年間100万件以上行われています。多くの医療機関では手術時間だけに限ると約10分程度で、負担も少ない日帰り手術が主流です。
加齢性白内障の手術時期と年齢は?
昔はかすんで見えなくなってから手術をしていましたが、白内障手術の進歩により現在では全く変わってきました。職業や生活状態によっても変わってきますが、白内障のために生活の不便さを感じた時が手術の時期と考えてよいと思います。
加齢性白内障の手術はどのような手術が行われているのですか?
以前は濁った水晶体をそっくり取り出すという方法でしたが、最近では濁った水晶体を取り出して人工のレンズ(眼内レンズ)を挿入する方法が主流となっています。現在は水晶体の前の膜(前のう)を切り取り、中の皮質と核を超音波で破壊し吸収して取り除き、眼内レンズを挿入する超音波乳化吸引術が主に行われています。手術は顕微鏡下で進められます。手術技術が進歩したおかげで、安全性は高くなりましたが、手術中の精神的安定が何よりも大切です。
眼内レンズを挿入すれば、手術後眼鏡は必要ないのですか?
水晶体は近くを見るときや遠くを見るときに厚さを調節してピントを合わせていますが、人工の眼内レンズはピントを合わせる調整力がないので、どこかにピントが合うようにレンズの度を決めなければなりません。
bottom_sp