兵庫県西宮市・阪急阪神今津駅から徒歩1分

和田眼科 TEL: 0798-39-3777
メニュー

和田眼科

兵庫県西宮市の和田眼科では白内障手術に力を入れております。今津医療センター2階の眼科。西宮今津駅前すぐ。

  • 〒663-8245西宮市津門呉羽町1-28今津医療センター2階
  • TEL:0798-39-3777

不同視

不同視

兵庫県西宮市の和田眼科にて不同視治療を行っております。ご興味がある方は当院に、まずはお気軽にご相談ください。不同視の担当者から詳しく説明させていただきます。

不同視とは?

不同視の人は、いわゆるガチャ目で右眼と左眼の屈折が違う状態をいいます。 屈折度では、2D(ジオプトリー)以上の差があるものをさします。一般的には右目と左眼で見え方の差(視力の左右差)ができます。 視力のいい方の目だけの片方だけでみていたりすることもあります。左右差が強く、アンバランスな見え方になります。

また小児の不同視では 視力の出る良い方の目ばかり使ってしまい、片方の目を使わないことによって将来視力が出なくなる不同視弱視になることもあります。はやいうちに眼科で視力検査、屈折検査をして早期に弱視治療用眼鏡をすることによりこのような弱視になることを防ぐことができます。小児の不同視では早い目の眼科治療をお勧めします。

大人では不同視はあまり自覚症状がないばあいもありますが 目が疲れやすく、眼精疲労の原因になります。不同視の屈折異常を眼鏡で矯正する場合でも、左右差のひずみが強くなることにより、十分に眼鏡で矯正出来ないばあいもあります。その場合はコンタクトレンズや屈折矯正手術などが良い場合もあります。

不同視と眼精疲労

不同視は、片方の目を酷使することになり、眼精疲労だけではなくからだ全体が疲れやすくなります。肩こりや頭痛といった慢性的な疾患を引きおこすことになります。両目をバランスよくつかうことが難しく、距離感や遠近感がうまくつかめないため、運転やスポーツをするときに支障が出ることも考えられます。疑われる場合は早い目に眼科の眼科専門医に相談するとよいでしょう。症状が進む前のほうが、矯正などの対処がしやすくなります。

不同視・眼精疲労と白内障手術

白内障進行により、近視化がすすむことがあり、これにより不同視が引き起こすことがあります。また白内障進行に左右差があり、片方だけの白内障手術をする場合、眼内レンズの屈折矯正をどうするのかが問題になります。将来の治療も考慮し、白内障手術の治療後の目標を正視にあわせる(ターゲットにする)場合もあります。そのばあい一時的に不同視になる場合があります。もう片方が近視の場合は、不同視になることを避けるため、ほどよく近視を残す(近視度数をターゲットにする)ばあいもあります。強い不同視で眼精疲労などに苦しんでいた方が両方の白内障手術を予定する場合があります。この場合、眼内レンズでの調整により不同視もかなり減弱することも可能で、手術前と比べとよりよい白内障手術後の生活が期待できます。不同視の場合や片眼の白内障手術の場合、および不同視が予測される場合は白内障手術の執刀医と手術前に相談すると良いですね。

bottom_sp